ようこそ!
NPO法人奈良県ウオーキング協会オフィシャルホームページへ!

NPO法人奈良県ウオーキング協会は、ウオーキングを通じて地域のコミュニティーと連携し、明るい社会に向けて皆様の健康や生きがい作りのために、積極的に貢献していきます。
日本はじまりの地、大和の歴史を訪ね、四季折々の地を楽しく仲間と一緒に歩きます。
全国トップの史跡巡りや古くから伝わる行事へ参加できる例会を計画、実施しております。初心者も歓迎!ご参加お待ちしております。



新着情報

直近の例会報告


☆過去の例会報告は「バックナンバー」から見ることができます
☆画像をクリックすると別ウィンドウで大きな画像を見ることができます

●12月6日(水) 紅葉の世界遺産 吉野山を訪ねて


コース・概略ルート
金峯山寺・蔵王堂→吉水神社→勝手神社→竹林院→林道・奥吉野周遊ドライブウエイ →吉野水分神社→花矢倉展望台→如意輪寺→吉野駅(14時00分頃)(13km)
会員継続の受付も
開始しました。
近鉄・吉野駅から
スタートします。
七曲坂を上っています。 総門(黒門)を通ります。
1985年の再建。
重要文化財の銅鳥居を
通ります。
室町時代再建。
金峯山寺蔵王堂(国宝)に
参拝します。
天正19年(1592)、
豊臣家の寄進で再興。
吉水神社に参拝します。
後醍醐天皇が行宮を
設けました。
書院は重要文化財。
勝手神社を訪れます。
静御前が追っ手に
捕らわれた際、
舞を見せたと伝わる舞塚が
残ります。
吉野水分神社に参拝します。
本殿は重要文化財。
昼食場所の花矢倉展望台。
寒さにふるえながらの昼食。
後醍醐天皇の
陵・塔尾陵のある如意輪寺を訪れます。
寒さの中、
そしてアップ・ダウンの
きついコースでしたが、
無事ゴール。

フォトギャラリーへ



●11月27日(月) 第15回 大和路まほろばツーデーウオーク +1dayウオーク


コース・概略ルート
在原神社→櫟本公民館(トイレ)→和邇下神社→櫟本高塚公園→和邇坐赤坂比古神社→白川ダム→山田農園→石上神宮→天理商店街→ JR・天理駅(13Km)
並河・天理市庁の
歓迎のご挨拶
天理駅前のココフンから
出発します。
上街道を通ります。 在原神社です。
手前が、筒井筒。
櫟本公民館での、
芋汁のおもてなし。
皆さん、満足されています。
和爾下神社に参拝します。 高塚公園で、スタッフからの
和爾氏についての
解説を聞きます。
和爾坐赤阪比古神社に
参拝します。
昼食場所の白川ダムで。 山田農園で、
おいしいミカンの
試食のおもてなし。
購入される方も。
石上神宮に参拝します。 天理市からの、
キッチンスポンジの
プレゼント。

フォトギャラリーへ


今月・来月の 例会案内


12月16日(土) <四季巡り・冬>宝山寺 ・大注連縄掛け替え

コース・概略ルート
市民体育館→宝山寺・大しめ縄掛け替え→生駒山麓公園→西松ヶ丘公園→近鉄生駒駅
集合場所(集合時間)
近鉄生駒駅(9:30)
距離
11km
認定 その他
「39ウオ-ク生駒市」
見どころ
スタート・ゴールは、
近鉄・生駒駅
清滝。
高さ20m。
この大注連縄の
掛け替えです。
新調された大注連縄が
出番を待っています。
重さ約400kg。
宝山寺の本堂 重要文化財の
洋風客殿・獅子閣が、
わずかに見えます。
落葉を踏みしめ、
生駒山麓公園に向かいます。
昼食場所の生駒山麓公園



●1月6日(土)〈特別大会〉”新春初詣”お祓い、ご利益おめでた巡り


コース・概略ルート
率川神社(大神神社摂社)”お祓い”→興福寺→春日大社「ご利やく巡り」→はぐくみセンター・抽選会→JR・奈良駅
集合場所(集合時間)
JR・奈良駅 (※10:00)
※通常時間と異なりますのでご注意ください
距離
10km
認定、その他
「JRふれあい」「39ウオーク奈良市」
※事前申込800円 当日1,000円



●1月17日(水) 日本遺産”横大路” 国道の始まりを歩く


コース・概略ルート
大中公園→長谷本寺→専立寺・寺内町→不動院(大日堂)→大神宮の高燈籠→今井町(河川公園)→八木札の辻→桜井西之宮・三輪神社→JR・近鉄・桜井駅
集合場所(集合時間)
JR・高田駅 (9:30)
距離
14km
認定、その他
「JRふれあい」「39ウオーク大和高田市・橿原市・桜井市」



●1月27日(土)〈特別大会〉第3回-1
        うるはしの大和路一周 王寺から当麻を経て葛城山麓を巡る


コース・概略ルート
達磨寺→葛下川→今池親水公園→當麻寺→綿引塚→笛吹神社→JR・御所駅
集合場所(集合時間)
JR・王寺駅 (9:30)
距離
23km
認定、その他
参加料:1回一律 500円
「JRふれあい」

★このページのトップへ戻る




☆過去のすべての作品は 「バックナンバー」 から見ることができます

回/掲載日
  第64回 / 平成29年12月6日(水)
お題
 『初雪』   平成29年12月6日(水) 紅葉の世界遺産 吉野山を訪ねて
作品
  • 初雪に こたつで猫も 首を出し      橿原市   諌原良子
  • 雪化粧 解かす気持ちに 下心       大阪市   漆畑昌己
  • 雪が降り 今宵は酒落で 雪見酒      京都市   遠藤スエ子
  • 紅葉散り 初雪近し 吉野山        大和郡山市 大﨑正夫
  • 初雪を 想わせる風 ほほに痛し      田原本町  片桐まゆみ
  • 初雪の 便りも今は スマホです      奈良市   沢田敏夫
  • 白き朝 玄関前で 初すべり        河合町   塩谷和久
  • 初雪に 犬と孫つれ 追いかける      名張市   高尾順子
  • 初雪も 知らずに過ごす ひきこもり    大和郡山市 谷 裕隆
  • 初雪に 今夜食べたい 鍋囲み       生駒市   中井文彦
  • 雪と波 命わびしき 北の舟        橿原市   中西光和
  • 初雪を 喜べぬ年に なりました      橿原市   仁科和子
  • 霜の朝 雪が降ったと はしゃぐ孫     大和郡山市 野村宣博
  • 雪嫌い でも待ち遠し 初雪は       堺市    福井幸一
  • 吉野山 初雪以上の 寒さかな       宇陀市   松本光子
  • 初雪に 足跡残し 里歩き         香芝市   丸山順介
  • 初雪や ポチの頭に まず一ツ       橿原市   森本 栄
  • 『雪』呼び名 数々あれど まず「便り」  大阪市   山口勝司
  • み吉野に 初雪ひらひら 冬来る      桜井市   山田真裕美
  • 初雪と いつまで言える 喜寿の年     奈良市   山本康子
  • ススキ見て 雪と間違う スキーヤー    生駒市   横田正典
  • 白い雪 ほっとする間も 跡はなし     奈良市   吉田勝輔
  • 初雪を 喜ぶ子らの クツの跡       大和郡山市 米村寿一

回/掲載日
  第63回 / 平成29年11月1日(水)
お題
 『紅葉』  平成29年11月1日(水) <四季巡り・秋>紅葉のみたらい渓谷・ 癒しの里を歩く
作品
  • 夕焼けに もみじが映えて 秋景色      京都市   遠藤スエ子
  • 清流に 紅葉映える みたらい峡       大和郡山市 大﨑正夫
  • 紅葉被る 轟音の滝に 秋陽射す       田原本町  片桐まゆみ
  • スタッフの ティシャツよりも 紅葉映え   宇陀市   紙谷すみれ
  • おつなもの 燃えるもみじの 吹き溜まり   奈良市   沢田敏夫
  • 瑠璃の水 もみじ葉浮かび 衣重ねる     河合町   塩谷和久
  • 紅葉燃え 岩削る水 谷白し         京都市   島 正人
  • もみじ葉を かざしつ見上げる 紺碧の空   名張市   高尾順子
  • もみじ様 染まらないぞと じじばばは    橿原市   塚本一男
  • こぼれ日が 空水もみじに 手をひろげ    橿原市   中西光和
  • みたらいの 紅葉にひかれ ウオーキング   橿原市   仁科和子
  • うぶなのよ 木の葉見られて 赤くなり    大和郡山市 野村宣博
  • 赤子の手 いろは鹿肉 皆もみじ       堺市    福井幸一
  • 紅葉に 励まされて 十余キロ        奈良市   枡野松男
  • みたらいの 渓谷照らす 紅葉かな      宇陀市   松本光子
  • ハラハラと 帽子にかかる 散もみじ     香芝市   丸山順介
  • 北からの 恋に色ずく 紅葉かな       橿原市   森本 栄
  • みたらいの もみじ愛でたし 足もと恐し   京都市   矢野和子
  • 行く秋に 燃ゆる営み 明日を待つ      大阪市   山口勝司
  • 紅葉の 色とりどりの ファッションショー  天理市   やまさと
  • 宴会の 捨てたお酒で 赤くなり       生駒市   横田正典
  • はかなくも もみじの影に 烏瓜       大和郡山市 米村寿一

回/掲載日
  第62回 / 平成29年10月18日(水)
お題
 『稲刈り』  平成29年10月18日(水) 大仏鉄道遺構めぐり
作品
  • いまの子は 稲かりいなご みな知らぬ   橿原市   諌原良子
  • 腰痛め 刈った銘柄 コシヒカリ      大阪市   漆畑昌己
  • 慈しみ 育てた米を 刈るよろこび     京都市   遠藤スエ子
  • 荒れた田や 遠い思い出 稲を刈る     大和郡山市 大﨑正夫
  • 刈田の土手 ゆれるススキに われもこう  田原本町  片桐まゆみ
  • コンバイン 一人で乗って 得意顔     奈良市   沢田敏夫
  • 稲刈りの 川柳忘れる 三宅節       河合町   塩谷和久
  • 藁束を 震わす汽笛 今はなし       京都市   島 正人
  • 稲刈り後 ひつじ穂垂れる 二期作か    名張市   高尾順子
  • 稲刈りの 鎌も知らない 子供たち     大和郡山市 谷 裕隆
  • 昔には 腰にきたもの 稲かりは      橿原市   塚本一男
  • 知り合いの 稲刈り終った 待つ我が家   橿原市   仁科和子
  • ミレー様 落ち穂拾いは 雀だぞ      大和郡山市 野村宣博
  • 豊年じゃ 刈ってくれろと 頭たれ     堺市    福井幸一
  • 稲刈りや ネコもシャクシも カマキリも  奈良市   桝野松男
  • 稲刈りの 済んだあぜ道 通りゃんせ    香芝市   丸山順介
  • 稲狩りや 雀も一緒に 穂を拾い      橿原市   森本 栄
  • 役終えて アカネが労う 案山子かな    大阪市   山口勝司
  • 人生の 落ち穂を拾い 大仏鉄道歩く    香芝市   山田 亨
  • 秋の田の 稲穂とともに ウオーキング   守口市   横井洋子
  • スズメたち 稲を刈ったら メタボ減り   生駒市   横田正典
  • いねかりの 人のてつだい 今はなし    奈良市   吉田勝輔
  • 食卓に 彩と渋みの 秋の声        大和郡山市 米村寿一