花曇りの中、近鉄田原本駅に117名の方々の参加がありました。
数日前からのコロナ感染者の急増により、本日の例会は、午前中のみで短縮して行われました。
今回も2班に分けての歩行です。
まず、田原本駅から飛鳥川へ。桜吹雪の中、川堤を南下し多神社へ。ここで天羽スタッフより解説がありました。
小杜神社を経て再び飛鳥川堤を南下。人麿神社へ。名の通り柿本人麻呂をお祭りしています。5月4日には無病息災、豊作を祈る子どもたちがすすをつけ合う「すすつけ祭り」が行われます。
そして入鹿神社を経て再度飛鳥川堤へ戻り、昼食予定地だった今井町河川敷公園へ、ここで解散となりました。
明日香まで歩きたいという方もおられましたが、コロナ感染者の増加が報じられている中、やむおえず今回は半日の例会と致しました。
ウオーキングを楽しみに来られた方々には深くお詫び申し上げます。