【No.1】
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨日からの天気予報では、雨が降るという事だったので心配していましたが、薄日が差すような状態でどうにかもつてくれそうに思いました。
JR奈良駅に事前申し込みの方を含め124名もの方の参加がありました。受付後、籤を引いて抽選です。空籤なしで全員に、何かが当たります。そして参加賞のお酒と干支板もらいました。
今回は、二班に分かれます。一斑は天羽氏、二班は尾花氏のガイド付きです。
出発式で、植田会長の挨拶後、なら・ボランティアガイドの会(朱雀)の方の挨拶を頂きました。
さあ今年最初のウオーキングの出発です。率川神社のお祓いが11時からだったので、途中二つの社寺へお参りしました。二つとも今年の大河ドラマの主人公徳川家康に関係する場所です。
一つめは「山の寺」念仏寺です。家康公が眞田幸村に追われこの地ににげ込み桶屋の棺に隠れ難を逃れたという話が伝わっています。この後、家康の異父弟の松平定勝が檀越となり、この寺が草創されました。定勝の墓もあります。隣には第9代開化天皇の御陵があります。
二つ目は漢国神社(かんごうじんじゃ)です。上記にあったいわれから、家康公が着用したという鎧が伝わっています。レプリカですが、展示されていました。またこの神社は饅頭の社と言われ、4月19日には「饅頭まつり」が執り行われ、全国からお参りや沢山の饅頭が献上されます。
二か所とも天羽氏、尾花氏より解説がありました。
10時55分に一斑が率川神社到着です。二班は10分ごに到着です。
ここでは宮司様からお祓いを受け、別名「子守神社」といわれる由縁のお話をお聞きしました。
この後、猿沢池でトイレ休憩をし、五十二段を上がり五重塔の横を通り、11時45分に浮見堂に着きました。ここで昼食です。
12時20分の出発前に参加者の方に「お年玉」?そう二回目の抽選会です。三名の方に「くつ」があたります。当たった三名の方おめでとうございます。
これからが本日のメインテーマ「若宮十五社巡り」です。
途中「志賀直哉旧居跡」を通り十五社へ。十五社へ入る手前で両氏から説明がありました。「紀伊神社」から十五社を巡り春日大社本殿へ。本殿も思ったほど混んではいませんでした。水谷神社から若草山山麓へ。ここでトイレ休憩です。
どこからともなく、雨の匂いがするということで、急いで出発です。手向山八幡宮から大仏殿へ。ここで最後のトイレ休憩です。
雨が怖いのですぐの出発です。当初南円堂の前で解散する予定でしたが、急遽県庁前で、IVVをお渡しして解散致しました。
どうにか雨には会わなかったようです。今年最初のウオーク、どうもお疲れ様でした。