朝から爽やかな青空のもと、今年最初のバスウオークで野迫川村を訪れます。
事前申し込みをされた82名の方々が、マイクロバス3台に分乗し、9時5分に橿原神宮前駅を出発しました。
まず京奈和道を走りかつらぎ西インターでトイレ休憩をしました。
10時5分にここを出て国道480号線を高野山に向かって、くねくねとした道を走ります。高野山を横目に今度は371号線を走ります。
やがて野迫川村入口の文字が見えてきました。ここから立里荒神へむかいます。11時20分に到着しました。
空気がひんやりしています。ストレッチ後、全員でお詣りに行きました。長い階段ですが幅が広く歩き易いです。立里荒神は日本三大荒神のひとつで、正しくは何もつけずに「荒神社」というそうです。1260mの高所に在ります。雲海がきれいな所だそうです。西暦800年頃の創建で、空海も修行したゆかりの社です。
ここを12時に出て役場前にある野迫川村山林振興センターに10分程で到着しました。
ここで副村長の中迫様の歓迎の挨拶を頂きました。それと役場より素敵なプレゼントも頂きました。ありがとうございます。
ここで昼食を取りました。センター2階の広間も開放していただきました。
13時にまたバスに乗り小辺路の水ヶ峰の入口に到着。
13時10分スタートしました。最初から急な登り坂です。しかしこれを過ぎると森林の中を気持ちよく歩けます。眺めも絶好です。林道タイノ原線にでます。誰も歩いていません。車も通りません。林道を思い思いに歩いています。少々大目に見ましょう。右手に東屋が見えて来ました。さらに行くと林道開通記念碑が有り、その前で列詰め休憩をしました。
ここからすぐに右の山道に入ります。木々に囲まれた山道は良いもんです。再び林道に合流します。しばし下り坂です。平辻というところからお地蔵様の横を通り山道へ。杉林の中を落葉でチップ状になった道をあるきます。非常歩き易いです。再び林道に合流です。バスの待っている大股迄1.4㎞です。
ここでアクシデント発生。関係者以外は大股へ向かいます。残り1㎞が難所です。急な下り道で足場が悪く非常に歩き辛いです。やっとこさと到着。
トイレが少ないために各自バスに乗り近くのホテルに行きお借りしました。
今は閉館していますが鶴姫の駐車場に再集合し、元のバスにのりかえました。
アクシデントが有ったため、予定より大きく後れ17時にここを出発。
途中、かつらぎ西インターでトイレ休憩をとりました。橿原神宮前駅に18時55に到着しました。
帰路、道路混雑も無くスムーズに帰ることができました。
色々有りましたが、皆様、長い旅でしたがお疲れ様でした。